けん玉道場
まにあ道場

 ≪かざぐるま≫ 

紹介(開発)者:曽我 明徳

この技は、とめけんグリップから、中皿〜中皿〜けんと玉を移動させる技ですが、“〜”のところで けんを人差し指の周りに回転させるという非常にダイナミックな技です。

画像が見られない人は対応ブラウザの利用をおすすめします。(容量のため代替画像無し)

  1. まず、とめけんグリップでけんを持つ。構えはゆったりと力を抜いて。。
  2. 玉を引き上げたら返す手をしたに少し下げ、反動をつけて上に出し、人差し指の周りにけんを回す。
  3. 玉をよく見て中皿で受ける。次にやや反動をつけて再び玉を上げる。次にけんに入れやすいように穴の向きを調整する。
  4. 玉を上げたらすぐに横に円を描く様に手および腕を動かし、人差し指の周りにけんを回す。
  5. 玉をよく見て中皿で受ける。大きく沈み込んで玉を浮かし、穴が自分の方へ回るようにする。
  6. 玉を見ながら、手前の手順と同じようにしてけんを回す。この間、ずっと玉に集中する。
  7. 最後に落ちてくる玉をけんに収める。
ワンポイントけんを自在に回せるようにしよう
けんの動きは見ないで玉の動きに集中しよう


QuickTimeVRオブジェクトの見方・・・
画像の右端にマウスカーソルを持っていくとカーソルが“←”に変化します。 このカーソルを左クリックすると画像が再生されます。
それ以外には・・・いろいろ試してみてね。