けん玉道場
インターネット支部





けん玉の基本技を少しだけ応用させた技です。たった10個の技ができるようになっただけで、以下のような技もできるようになります。けん玉にはいろんな技がありますね。


 ≪横ふり大皿≫ 
皿系グリップです。大皿を上にして力を抜いてかまえます。横に振って玉を引き上げ、大皿で受ける技です。

 ≪前ふりろうそく≫ 
ろうそくグリップです。けん先を持ちます。ふりけんのように前に振って玉を引き上げ、中皿で受けてろうそくにします。

 ≪空中ブランコ≫ 
はじめにけんに玉をさした状態で、けんと玉がはずれないようにひもの真ん中よりやや玉側を持ちます。けん玉を軽く振り出して少し投げ、空中でけんを取って中皿を決めます。

 ≪落とし玉≫ 
はじめにけんを上に向けて持ちます。上からねらいを付けて玉をけんにめがけて落とします。このときひもがピンと張るぐらいの高さからはじめないといけません。玉がけんにきっちり刺されば成功です。

 ≪居合とめけん≫ 
とめけんグリップです。けんを高く上げてかまえます。そのまま玉を引き上げないで、素早くけんを下に移動させて落ちてくる玉をけんにさします。

 ≪落としダーツ≫ 
落とし玉の反対です。玉の穴を上に向けて利き手と反対で持ちます。利き手にけんを持ち、上からねらいを付けてけん先をたまにさします。このときひもがピンと張るぐらいの高さからはじめないといけません。

 ≪小指姫≫ 
とめけんグリップです。小指をたてて持ちます。ふりけんをしますが、けんの代わりに立てた小指に玉をさす技です。

 ≪中皿遠心力≫ 
とめけんグリップです。まずはじめに中皿にのせます。そして腕を肩の周りに一回転させますが、このとき玉が中皿から離れたり、手や腕に当たってはいけません。

 ≪秘竜登りけん≫ 
とめけんグリップです。まずはじめに中皿にのせます。そしてまず腕をひねって手のひらを外に向け、そこからラジオ体操のひねり運動のように体をひねって体の回りにけん玉を一周させます。最後に中皿〜けんを決めます。

 ≪竹とんぼ≫ 
とめけんグリップです。まずはじめにとめけんを決めます。そこから利き手と反対の手をたまに添え、玉を横にまわしながらけんから玉を抜き上げます。落ちてくる玉を再びけんにさして完成です。

 ≪かじ屋さん≫ 
皿系グリップです。もしかめと同じ要領で、大皿と中皿を行ったり来たりするのですが、大皿から中皿に移るときに中皿の縁に1回玉を当ててから中皿にのせます。中皿から大皿へはそのまま移します。これを連続で行う技です。