The Archive of The Kendama Tricks

  トップ 技一覧(辞書順) 技一覧(系統順) 登録数:323

つるし一回転灯台

けん玉の技百選の技 日本けん玉協会杯大会選技 全日本けん玉道選手権大会選技
登録:2004.05.31
更新:2004.06.11

【技の説明】

けん玉を前にふり出して空中に投げ上げ、すばやく玉を取り、けんが1回転してきたところで灯台を決める技。

【持ち方】

つるし(玉を取る)

【構え方】

まっすぐ

【技のやり方】

  1. けん玉をつるしたまま、軽くふりをつけてひざを曲げて沈み込む。
  2. けん玉をひざの間から振り出し、真下を通過したあたりで伸び上がりながらおなかのほうに糸を引いてけん玉を投げ上げる。
  3. 投げ上げたらすぐに玉を取る。
  4. ふわりとけんがのるように、けんの回転に合わせて灯台を完成させる。

【ワンポイント】

けんを引き上げるとき、あまり強く回転させなくてもよい。

※当サイトにおける技紹介では、右手にけん玉を持ってプレイすることを前提にしています。左手にけん玉を持ってプレイする場合は、右手と左手、およびけん玉の左右を読み替えてください。
 (例:大皿を左に・・・=>大皿を右に・・・。前後の読み替えはしません。大皿を手前に、といった場合は右手でも左手でも同じように大皿を手前にします。)
※技ムービーのデフォルトの再生速度は、実際に技を行う速度の半分程度に調整してあります。

Copyright (C) 1998-2017 Kochan , All Rights Reserved.