The Archive of The Kendama Tricks

  トップ 技一覧(辞書順) 技一覧(系統順) 登録数:323

けん先すべり

段位認定表の技 けん玉の技百選の技 文部科学大臣杯大会選技 日本けん玉協会杯大会選技
登録:2004.05.31
更新:2004.06.04

【技の説明】

けん先に玉をのせ、玉を滑らせてけんにさす技。けん先にのせたときは、穴がけん先に完全に接触しなければならない。また、玉がけん先から浮き上がってはならない。

【持ち方】

けんグリップ

【構え方】

まっすぐ

【技のやり方】

  1. とめけんの要領で玉をまっすぐに引き上げて、けん先にのせて静止させる。
  2. ひざを曲げ、伸び上がる勢いを利用して、けん先の抵抗を軽減する。(ただしけん先と玉の穴の接触は保つこと)
  3. けんをすばやく引き、玉をけん先の上を滑らせ、玉がけん先の先端に達したら、けんを立てるようにして玉をけんにさす。

【ワンポイント】

けんを引くタイミングが重要です。

※当サイトにおける技紹介では、右手にけん玉を持ってプレイすることを前提にしています。左手にけん玉を持ってプレイする場合は、右手と左手、およびけん玉の左右を読み替えてください。
 (例:大皿を左に・・・=>大皿を右に・・・。前後の読み替えはしません。大皿を手前に、といった場合は右手でも左手でも同じように大皿を手前にします。)
※技ムービーのデフォルトの再生速度は、実際に技を行う速度の半分程度に調整してあります。

Copyright (C) 1998-2017 Kochan , All Rights Reserved.